高橋メソッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

高橋メソッド(たかはしメソッド)とは、日本Rubyの会高橋征義によって考案されたプレゼンテーション技法。

2001年に高橋が講演するにあたり、あいにくプレゼンテーションツールを持ち合わせていなかったことから、巨大な文字だけで構成されたHTMLによるプレゼンテーションを行ったことが始まりとされる。

特徴[編集]

  • 図やグラフなどを用いず、文字だけで構成。
  • 文字は巨大なサイズを使用する。
  • スライドあたりの文字数は最小限とし、簡潔な内容とする。
  • 高橋メソッドに機能を加えたもんたメソッドも生まれた。(もんたメソッドとはみのもんた午後は○○おもいッきりテレビでフリップの文字の一部を隠し、それをめくりながら説明する手法)

リンク[編集]