骨形成タンパク質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

骨形成タンパク質(Bone Morphogenetic Protein, BMP)は血管腎臓の異常を治療する上で将来有望な信号タンパク質遺伝子ファミリーである。 トランスフォーミング増殖因子β(TGF-β)スーパーファミリーに属している。BMPの細胞内のシグナルはSmadによって伝えられる。

この遺伝子群は胎児の発生に重要である。

シグナル伝達[編集]

細胞内でBMPシグナルを伝えるSmadには特異型(R-Smad)、共有型(Co-Smad)、抑制型(I-Smad)の3種類あり、BMPがBMP受容体に結合すると、R-Smadが活性化され、Co-Smadと複合体を形成して標的遺伝子に作用する。I-SmadはBMP受容体などに作用し、BMPシグナルを抑制している。