韓胤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

韓 胤(かん いん、? - 197年)は、中国後漢時代末期の政治家。

正史の事跡[編集]

姓名 韓胤
時代 後漢時代
生没年 生年不詳 - 197年建安2年)
字・別号 〔不詳〕
出身地 〔不詳〕
職官 〔不詳〕
爵位・号等 -
陣営・所属等 袁術
家族・一族 〔不詳〕

袁術配下。建安2年(197年)、帝を僭称した袁術は呂布との同盟を考え、韓胤を使者として派遣した。韓胤は、袁術が帝を僭称した経緯を呂布に説明し、あわせて呂布の娘を袁術の子の嫁に迎え入れたいと申し入れた。

当初、呂布はこれに応じて娘を送り出した。しかし、呂布と袁術の同盟を恐れる陳珪が「袁術と同盟してはならない」と呂布を説得したため、ついに呂布はその説得に従って娘を連れ戻し、韓胤を曹操に引き渡してしまった。韓胤は曹操の命により斬首され、の市場で梟首された。

物語中の韓胤[編集]

小説『三国志演義』では、韓胤は呂布軍の陳宮に事の次第を告げ、事前に同盟の承諾を得て、十分な下準備をした上で呂布に縁談を薦めている。しかし結局は、陳珪の蠢動により呂布が変心したため、その目論見は失敗することになる。その後、韓胤はしばらく呂布の下に留め置かれる。しかし、曹操が呂布を懐柔しようと使者を送り平東将軍に封じた時、折り悪くそこに袁術から督促の使者が到着してしまう。このため呂布は怒り、督促の使者を斬首した上で、韓胤にも首枷をはめて曹操に引き渡すことになっている。最後は史実通りである。

参考文献[編集]