電子移動度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

電子移動度(でんしいどうど、electron mobility)とは、固体の物質中での電子の移動のしやすさを示す量であり、本来の表記は,易動度が正しい。したがって、単に移動度という場合はキャリアの移動のしやすさを示す。半導体の場合、キャリアとは、電子および正孔のことである。

定義[編集]

物質に電場E をかけたとき、電場によって電子(もしくは正孔)が平均速度v で移動したとき、次式で定義される。

\boldsymbol{\mathit{v}}=\mu\boldsymbol{\mathit{E}}

キャリアの電荷q 、電子の有効質量m*、電子の緩和時間\tauとすると 移動度は、次式で算出される。

\mu\equiv q\tau/m^*

半導体工学における移動度の意味[編集]

移動度は、抵抗率に反比例する。すなわち、抵抗率を\rhoキャリア密度をnとすれば

{1 \over \rho}=qn\mu

このため、移動度は物質の電気的特性を決める重要なパラメーターである。