銀河間塵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

銀河間塵(Intergalactic dust)は、銀河と銀河の間にある銀河間空間に存在する宇宙塵である[1]。銀河間塵が存在する証拠は1949年から提案されていたが、研究が本格化したのは20世紀末からである[1]。銀河間塵の分布には、多くの異なる予測がある[1]。銀河間塵は、他の銀河内の超新星クェーサー等、銀河を超えた距離の測定に影響を与える可能性がある[2]

銀河間塵は、1960年代に他の銀河の周りに存在することが示された銀河間塵雲(Intergalactic dust clouds)の一部である可能性がある[1]。1980年代までには、銀河系から数百万パーセクの距離に、「オクロイの雲」等、少なくとも4つの銀河間塵雲が発見された[1]

関連項目[編集]

出典[編集]