銀共和党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

銀共和党(ぎんきょうわとう、: Silver Republican Party)は、1890年代のアメリカ合衆国で活動した政治勢力。「フリー・シルバー」と金銀複本位制問題で、金本位制を支持した共和党に対し、銀本位制を主張する勢力が離党し旗揚げした。

鉱業(とりわけ銀)が盛んな西部を中心に活動し、連邦議会にも何名か議員を送り込んだ。1896年の大統領選挙では民主党ウィリアム・ジェニングス・ブライアン候補を支援した。

20世紀に入ると勢力は衰退し、党員の大多数が共和党に合流したが、フレッド・デュボイスやヘンリー・ムーア・テラーのように民主党に合流する者もいた。

主な党員[編集]

  • フランク・J・キャノン - ユタ州選出の上院議員
  • トーマス・カーンズ - ユタ州選出の上院議員
  • フレッド・デュボイス - アイダホ州選出の上院議員
  • リチャード・F・ペティグルー - サウスダコタ州選出の上院議員
  • ウィリアム・M・スチュワート - ネバダ州選出の上院議員
  • ヘンリー・ムーア・テラー - コロラド州選出の上院議員、第15代内務長官
  • ジョン・F・シャフロース - コロラド州選出の下院議員、後に知事、上院議員