郷鎮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

郷鎮(ごうちん)。中国県級市末端自治区のこと。県級市において比較的大きいものを鎮、比較的小さいものを郷という。

郷鎮企業[編集]

郷鎮における中小企業のこと。人民公社時代には社隊企業と呼ばれ、現在の郷鎮企業と呼ばれるようになったのは、1984年。人民公社が解体されたためである。現在では意味が多少変化し、郷鎮と同郷鎮出身民間出資者との共同出資により起業された(中国版「第三セクター」に近い)企業を指す。業種は農業工業商業建設業交通運輸飲食業など多岐にわたっている。また一部の郷鎮企業は外国企業の下請けを行っている。