足根管症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

足根管症候群(そくこんかんしょうこうぐん、英語:tarsal tunnel syndrome、略称:TTS)とは、足根管と神経が通っている足首内の管)の中を走る脛骨神経が何らかの原因で足根管内圧が上がり、圧迫されて引き起こされる疾患群のこと。

病因[編集]

多くは特発性であるが以下の関連は指摘されている。

  • 外傷性
事故による足首の強い圧迫・深い切創骨折静脈瘤ガングリオン腱鞘炎などにより、脛骨神経が損傷を受けた場合に発生する。

症状[編集]

足底に痛みと痺れが生じる。足甲には痛みと痺れが生じないのが特徴。足首を動かすと痛んだり、内踝の下を押すと痛いところがあり足の裏、足先に響く。灼きつくような痛みが出る場合がある。特に夜間や就眠時に症状が悪化する傾向がある。

所見[編集]

治療[編集]

進行がひどい場合には外科手術が必要になる。鍼灸治療として太谿穴に局所治療を行う。