ガングリオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ganglion cyst
分類及び外部参照情報
Ganglion-cyst.jpg
左手甲の付け根にできたガングリオン
ICD-10 M67.4
ICD-9 727.4
DiseasesDB 31229
eMedicine orthoped/493
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

ガングリオンGanglion Cyst結節腫)とは、手足などの関節にできる腫瘍。多くは良性であり、欧米ではしばしば聖書ダコBible Bump)と呼ばれる。

概要[編集]

関節近くにある膜や粘液嚢胞にゼリー状の液体がたまる弾力性の腫瘤で、超音波検査上は低エコーの病変である。液体は穿刺吸引が可能である。内容物が線維化すると硬結と触知され、やや高エコーとなり穿刺吸引できなくなる。無症状だが、神経や腱を圧迫すると痛みを生じる。若い女性の発症率が高い(メルクマニュアル家庭版によれば男性の3倍)と言われている。発症メカニズムは現在も詳しくは分かっていない。「軟骨が出てきた」と誤解されている場合がある。

治療法[編集]

良性腫瘍であるため、治療せずとも消失することがあるが、痛みがある場合は注射器で粘液を吸引する。手術による除去が行われることもあるが、再発の可能性があり、手術跡が残ることを考えると、リスクと見合わないことが多い。

その他治療法として圧力を加え潰すという方法もあり、医療現場でも行われるが、かなりの圧力が必要であり、神経等を圧迫するなどむやみに行うと危険もあるため、個人レベルで行うべきではない。医師の施術として、押しつぶしを軽く試み、無理であれば吸引という治療が通常の流れとなる。発生位置などによっては手術による除去が行われる。なお、どの治療法においても再発の可能性がある。

その他[編集]

関連項目[編集]