認証排出削減量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

認証排出削減量(にんしょうはいしゅつさくげんりょう、: Certified Emission Reductions、略称CER)は、京都議定書で規定された途上国への地球温暖化対策のための技術・資金援助スキームであるクリーン開発メカニズム (CDM) のルールに則って温室効果ガスを削減し、その排出削減量に基づき発行される国連認証のクレジットである。カーボンオフセットに利用される。認証は第三者の認証機関が行う。

CER に対し、国連に認められていない機関が認証した排出削減量は VER (Verified Emission Reduction または Voluntary Emission Reduction)と呼ばれ、区別して扱われる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]