血管腫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

血管腫(けっかんしゅ、angioma,hemangioma)は、血管が拡張したり増殖したりすることによってできる皮膚良性腫瘍である。母斑の一つともされる(老人性血管腫は例外)。

疾患概念が整理され、単純性血管腫・海綿状血管腫などはISSVA分類により血管奇形とされている(腫瘍ではない)。

分類[編集]

  • 単純性血管腫(ポートワイン母斑)→毛細血管奇形
  • 苺状血管腫(乳児血管腫)
  • 先天性血管腫(NICH、RICH)
  • Kasabach-Meritt症候群
  • 海綿状血管腫→静脈奇形
  • 静脈湖(老人性血管腫の一種)
  • 正中部母斑、Unna母斑(単純性血管腫の一種)
  • サーモンパッチ(単純性血管腫の一種)
  • 老人性血管腫(さくらんぼ色血管腫)

皮膚以外での血管腫[編集]

関連項目[編集]