蓬莱閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Penglaige.jpg

蓬莱閣(ほうらいかく、蓬莱阁)は、中国の楼閣黄鶴楼岳陽楼滕王閣とともに「中国四大名楼」に称される。山東省煙台市の県級市である蓬莱市北部の丹崖山の断崖の上にある。北宋嘉祐6年(1061年)、登州郡守の朱処約は、唐代に漁民が建てた龍王廟を丹崖山の西側に移し、もとの場所に蓬莱閣を建立した。元豊8年(1085年)、文豪蘇軾が登州軍州事となり在任は5日間であったが、詩文を書き残した。この詩文が名声を得て、蓬莱閣の名前も知られるようになった。

蓬莱閣、天后宮、竜五宮、呂祖殿、三清殿、弥陀寺の計6つの建物およびそれに付随する建造物からなり、建築面積1.89万㎡、敷地面積は3.28万㎡。閣内には至る所に文人の貴重な書や対聯の石刻がある。蓬莱閣は、「八仙」が海を渡った伝説や海上に浮かぶ蜃気楼で有名である。

東側に隣接する蓬莱水城(明代の海軍要塞。戚継光父子が水軍を鍛錬し倭寇を撃退した)とともに1982年全国重点文物保護単位(分類 古建築及歴史記念建築物 編号2-37)に登録された。