良い警官・悪い警官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

良い警官・悪い警官(よいけいかん・わるいけいかん、Good Cop/Bad Cop)とは、イギリスの軍事界においてはマットとジェフ(Mutt and Jeff)の名で知られ、他に共同質問(joint questioning)あるいは友人と敵(friend and foe)としても知られている[1]尋問に使用される心理学的な戦術である。

概要[編集]

良い警官・悪い警官は、明確に相反するやり方で対象者へのアプローチを行う二人の質問者のチームから構成される。二人の質問者が対象者に対し交互に質問を行う場合と、同時に対面する場合がある。

「悪い警官」は対象者に対し、粗暴な非難や侮辱的な意見、脅迫などの、攻撃的かつ否定的な態度を取り、基本として対象者との間に反感を作り上げる。これにより、対象者に同情的な役割を演じる「良い警官」の活躍の場が整えられる。「良い警官」は対象者に対し支援や理解を示すように見せかけることで、基本として対象者への共感を演出する。また、「良い警官」は対象者を「悪い警官」の締め上げから庇護する。

対象者は「良い警官」への信頼感や「悪い警官」への恐怖から、「良い警官」と協力関係が結べるのではないかと感じ取り、結果として「良い警官」へ協力するために、色々な情報を話してしまう。

脚注[編集]

  1. ^ CIAの機密解除文書 Human Resource Exploitation Training Manual (1983年) 26-27ページ 参照 [1]

関連項目[編集]