自己疎外

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

自己疎外(じこそがい)とは哲学用語のひとつ。

ヘーゲルの哲学においては存在が自己の本性を本来の外に出すことで、自己にとって疎遠な存在となることが自己存在とされた。

マルクスの哲学では資本主義社会において、人間が本来的でなくなるということが自己疎外とされた。

外部リンク[編集]