自励系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

数学において、自励系(じれいけい)とは、微分方程式系で

\frac{d}{dt}x(t)=f(x(t))

の形で表すことができる系である。ここで x はベクトル、t時間を表すことが一般的である。このとき、自励系は時間に依存しない、定常的な系をあらわす。

自励系ではそれぞれの解軌道が交わらない。例としては、線形力学系がある。

非自励系[編集]

自励系でないとき、つまり

\frac{d}{dt}x(t)=g(x(t),t)

のような形で表されるときには、非自励系であるという。

関連項目[編集]