緘黙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

緘黙(かんもく)とは、原因によらず、明瞭な言語反応が欠如した状態を指す。

概要[編集]

学校教育法上は、情緒障害の一つとされる。

狭義には、言語能力を獲得しているにもかかわらず、何らかの心理的要因によって、一時期にあらゆる場面、あるいは特定の場面においてのみ、言葉を発しない状態を指す。教育臨床分野においては、暗黙に狭義の意味で用いられることが多く、場面緘黙、選択性緘黙、などの呼び方をする。

広義の分類[編集]

レオ・カナーによる緘黙の分類があるが、1957年と非常に古い。そこで、近年の情報を元に分類すると以下のようになる[要出典]

  • 「ろう」による緘黙(deaf mutism)
  • 重度の知的発達の遅(idiot)による緘黙
  • 統合失調症(schizophrenia)にしばしばみられる緘黙
  • 自閉症(autism)にしばしばみられる緘黙
  • トラウマ(trauma)やストレスがきっかけとなる全緘黙
  • 場面緘黙症(selective mutism)

参考文献[編集]

  • 坂野雄二『無気力・引っ込み思案・緘黙(情緒障害児双書)』黎明書房、1989年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]