総肝管

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

総肝管(: common hepatic duct)とは右肝管と左肝管が集合して形成される管。総肝管は総胆管から形成される胆嚢からの胆嚢管と結合する。

臨床的意義[編集]

胆汁の貯蔵機能を有している胆嚢の除去手術を受けた人での肝管は、除去以前の胆汁の量に比較してたくさんの量の胆汁を通過させることとなる。

総肝管は右肝動脈および胆嚢動脈と重要な関係性がある。

容積[編集]

  • 長さ:6-8cm
  • 幅:成人で6mm[1]

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Gray's Anatomy, 39th ed, p. 1228

外部リンク[編集]