給料日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
給料日
Pay Day
監督 チャーリー・チャップリン
脚本 チャーリー・チャップリン
製作 チャーリー・チャップリン
撮影 ローランド・トザロー
編集 チャーリー・チャップリン
配給 ファースト・ナショナル社
公開 1922年4月2日
上映時間 26分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語字幕
テンプレートを表示

給料日』 (Pay Day)は、1922年公開の短編サイレント映画。 脚本、監督、主演はチャーリー・チャップリン。彼のファースト・ナショナル社(First National Films)における7作目の映画で、最後の短編(2巻物)に当たる。

建築現場で働くチャーリー。同僚と夜更けまで呑み明かし、財布のヒモを握る恐妻のもとへと帰宅するまでの他愛のないストーリーではあるが、プチブル生活の悲哀と、現代にも通ずるところの多いギャグ満載である。共演は、キーストン時代からの仲間、マック・スウェインフィリス・アレン

キャスト[編集]

外部リンク[編集]