第3方面軍 (日本軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第3方面軍
創設 1943年昭和18年)10月29日
廃止 1945年(昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 方面軍
所在地 満州
通称号/略称
最終上級単位 関東軍
担当地域 満州
最終位置 満州 奉天
主な戦歴 第二次世界大戦
(ソ連対日参戦)
テンプレートを表示

第3方面軍(だいさんほうめんぐん)は、大日本帝国陸軍方面軍の一つ。

沿革[編集]

1943年(昭和18年)10月に編制され、満州南部で治安維持に当っていた。大戦末期には満州で召集した邦人男子を根こそぎ動員して師団を編制した為、兵員の全体にまでは武器も十分に行き届かない寡弱部隊も多くあった。対ソ防衛戦に参加している。

第3方面軍概要[編集]

  • 通称号:強
  • 編制時期:1943年(昭和18年)10月29日
  • 上級部隊:関東軍
  • 最終位置:奉天

歴代司令官[編集]

氏名 陸士 就任
岡部直三郎 18期 1943年(昭和18年)10月29日
後宮淳 17期 1944年(昭和19年)8月25日

歴代参謀長[編集]

氏名 陸士 就任
渡辺洋 27期 1943年(昭和18年)10月29日
矢野政雄 28期 1944年(昭和19年)10月26日
大坪一馬 30期 1945年(昭和20年)3月23日

隷下部隊[編集]

関連項目[編集]