第30軍 (日本軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第30軍
創設 1945年昭和20年)7月30日
廃止 1945年(昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位
所在地 満州
通称号/略称
最終上級単位 第3方面軍
最終位置 満州 新京
主な戦歴 第二次世界大戦
テンプレートを表示

第30軍(だいさんじゅうぐん)は、大日本帝国陸軍の一つ。

沿革[編集]

1945年7月30日に編制され、第3方面軍戦闘序列に編入、南満州に配備された。ソ連軍と交戦を行い、新京で終戦を迎えた。

軍概要[編集]

  • 通称号:敏
  • 編成時期:1945年7月30日
  • 最終位置:新京
  • 上級部隊:第3方面軍

歴代司令官[編集]

歴代参謀長[編集]

最終司令部構成[編集]

  • 司令官:飯田祥二郎中将
  • 参謀長:加藤道雄少将
  • 高級参謀:吉川猛大佐
    • 作戦参謀:桑正彦中佐
    • 後方参謀:広瀬雋佶少佐
    • 情報参謀:山口満雄少佐

最終所属部隊[編集]

砲兵部隊
  • 重砲兵第1連隊:白木良三大佐 
  • 重砲兵第19連隊
  • 独立重砲兵第7大隊:吉本正英少佐      
  • 独立野戦重砲兵第21大隊        
  • 独立臼砲第27大隊
兵站部隊
  • 独立自動車第116大隊      
  • 独立輜重兵第53大隊      
  • 第42野戦道路隊:大西馨大尉

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。