立毛筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

立毛筋(りつもうきん、arrector pili muscle)とは、外毛根鞘と真皮上層との間に存在する平滑筋束であり、収縮によって毛は垂直方向に立って周囲の毛孔部はやや隆起する。これがいわゆる鵞皮もしくは鳥肌である。アドレナリン作動性の交感神経に支配される。別名、起毛筋(きもうきん)

寒冷ストレス、恐怖、驚きなどの情緒性ストレスでも収縮したり、体温上昇時においても悪寒戦慄と同時に鳥肌が生じることもある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]