狂人日記 (魯迅の小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新青年』に掲載された『狂人日記』

狂人日記』(きょうじんにっき)は、中国作家魯迅によって1918年に雑誌『新青年』に発表された短編小説。三十八歳であった魯迅の処女作である。

あらすじ[編集]

家族や、周りの者がみなカンニバルであり、いずれ自分を食べようと企んでいる、という被害妄想に取り憑かれた男の日記である。

背景[編集]

文語体が一般的であった当時において、口語体で書かれた本作品はそのこと自体伝統主義に対するアンチテーゼであり思想解放運動に繋がっていたという。本作が発表された雑誌『新青年』はそういった中国近代化への啓蒙運動の中心的存在であってこの小説もその流れの中で生まれた物であろう。表題はゴーゴリの同名の小説『狂人日記』の影響を受けている。

解題[編集]

角川文庫版の訳者である増田渉はその巻末で”儒教を原理とする中国封建社会の中核をなす家族制度を、「人が人を食う」ものだという発想で批判し、その根本にある非人間的な、前近代的な倫理をあばいた”と述べている。


出典[編集]

主に角川文庫版の後記より。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]