牧尾晴喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

牧尾 晴喜(まきお はるき、1974年10月12日-)は、建築翻訳家/スタジオOJMM代表。

ル・コルビュジエ、フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエ、といった巨匠建築家の書籍や建築・デザイン系企業のPR、小説や絵本などさまざまな翻訳にたずさわる。

また、翻訳に限らず、「ことば」と「デザイン」をテーマに幅広い創作活動を展開し、アンビグラムの手法によるブックカバーや大阪の街をモチーフにしたクッキーのコンセプトデザインなどをてがけている[1]。ウェブマガジン『学芸カフェ』の企画・編集ならびにインタビュアーを務める。

メルボルン工科大学大学院修了の後、世界を放浪[2]。その後、スタジオOJMMを結成。

略歴[編集]

  • 1974年、大阪府生まれ。
  • 2003年にスタジオOJMMを結成。
  • 2006年、メルボルン大学での客員研究員(オーストラリア政府エンデバー・ジャパン・アワード)

訳書[編集]

  • 『死ぬまでに見たい世界の超高層ビル』、エクスナレッジ、2014年
  • 『「家」とは何か―アルヴァロ・シザの原点』、新建築社、2014年
  • 『3びきのこぶた ~建築家のばあい~』、バナナブックス、2013年
  • 現代建築家コンセプト・シリーズ、LIXIL出版
  • ワールドアーキテクチャー・シリーズ、バナナブックス
  • GAシリーズ、A.D.A.EDITA Tokyo
  • 日本建築学会の月刊会誌『建築雑誌』で翻訳を担当。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「大阪の街おいしく表現」、産経新聞朝刊(大阪版)、2011年11月23日
  2. ^ 「大阪ネクストロータリークラブ初代会長 牧尾晴喜さん(35)」変わるロータリークラブ「第2660地区」の元気人、インタビュー、産経新聞朝刊(大阪版)、2010年5月11日

外部リンク[編集]