爪甲剥離症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

爪甲剥離症(そうこうはくりしょう、英 onycholysis)とは、の先端を発端として、爪が爪床から剥がれてゆき、爪の白い部分が大きくなる症状のこと。

原因[編集]

治療[編集]

原因となる疾患の治療が優先される。

外部リンク[編集]