照応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

照応(しょうおう)は、文章談話の中で、代名詞指示語を用いて具体的な何かを指すこと。修辞技法の一つでもある。

文例[編集]

「太郎は花子に花をプレゼントをした。彼女は喜んだ。」

2文目の「彼女」は、「花子」である。このように、彼女や彼といった代名詞で、前に出てきたものを指していることを照応という。また、「彼女」と「花子」は、照応関係であると呼ぶ。照応法と呼ぶこともある。

基本的には代名詞は前に出てきたものを指すことが多いが、時には前にでてきてないものを指すことがある。そのため、前に出てきたものを指すものを前方照応、後に出てくるものを指すことを後方照応と区別することもある。