炭素当量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

炭素当量(たんそとうりょう、equivalent carbon content)は、合金の成分元素の配合比率から、得られる最大の硬度溶接性を見積もる方法である。炭素と他の合金成分、例えばマンガンクロムケイ素モリブデンバナジウムニッケルなどの配合量が多ければ多いほど、硬さは向上し、溶接性は劣化する。

それぞれの影響の大きさは元素によって異なるが、異なる成分のの比較のために、炭素の影響度に換算して比較する。炭素当量が最も一般的であるが、ニッケル、クロムの量に換算する、ニッケル当量クロム当量も使われる。

JISで規定されている炭素当量Ceq(%)を算出する式は、

C_{eq} = C + \frac{Si}{24} + \frac{Mn}{6} + \frac{Ni}{40} + \frac{Cr}{5} + \frac{Mo}{4} + \frac{V}{14}

である。

参考文献[編集]

  • Lincoln Electric (1994). The Procedure Handbook of Arc Welding. Cleveland: Lincoln Electric. ISBN 99949-25-82-2.
  • Weman, Klas (2003). Welding processes handbook. New York: CRC Press LLC. ISBN 0-8493-1773-8.

関連項目[編集]