構成主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

構成主義(こうせいしゅぎ、: Constructivism)は、様々な領域や学問分野で使われる。

  • 教育における構成主義は、子供たちがある対象について、彼ら自身による(それぞれ違った)理解を組み立てるようなかたちで教育すべきである、あるいは子供たちの中に既に存在している概念を前提に授業を組み立てる必要がある、という学習・教授理論を指す。ここでの教師の役目は、子供がある対象範囲における事実や考えを見つけるのを手助けすることである。
  • 政治学また国際関係論では、構成主義(社会構成主義は国際関係において標準的な見方である現実主義と自由主義を廃し、国家利益は国家間の無政府状態(Anarchy)の影響から生まれるのではなく、むしろ国家のアイデンティティーや国際的規範から生まれると主張する、アメリカで発達した理論をさす。構成主義言語とレトリックがどのように現実を「構成」するのに使われるかにも注目する。よって、国際関係理論の一つであるが、構成主義の若手論者の一人であるアレクサンダー・ウェントが1999年出版のSocial Theory of International Politics(Cambridge: CUP)で述べているように認識論存在論といった社会学哲学科学哲学をふんだんに応用した基礎的部分、またその上に建てられる国際関係理論によって成り立っている。