森田紀一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

森田 紀一(もりた きいち、1915年2月11日 - 1995年8月4日 )は日本の数学者。専門は代数学、位相空間論。

静岡県浜松生まれ。1939年、東京文理科大学の助手に就任。1950年、大阪大学で学位を取得。以後、東京教育大学、筑波大学、上智大学で教授を務める。代数学においては、森田双対性や、森田同値の概念を導入。一般位相空間論においては正規空間の研究、次元論、shape理論に関する業績がある。

著書[編集]

  • 『次元論』 (現代数学叢書) 岩波書店、1950年
  • 『位相空間論』 (岩波全書 331) 岩波書店、1981年11月 ISBN 4-00-021022-X