擬似コード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

擬似コード (ぎじコード、: pseudocode)とは、アルゴリズムなどを、架空の非常に高水準プログラミング言語で記述したものである。PascalFortranC言語などの既存のプログラミング言語の構文と、自然言語に近い表現を組み合わせて記述することが多い。

[編集]

擬似コードの記述例を示す。下は、同様の記述を実際のプログラミング言語で表記したものである。

擬似コード:

if クレジットカード番号が有効
    番号と注文で取引をする
else
    エラーを表示する
end if

PHPによるコード:

<?php
 if (is_valid($cc_number)) {
     execute_transaction($cc_number, $order);
 }
 else {
     show_failure();
 }
?>

関連項目[編集]

外部リンク[編集]