手の少陰心経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

手の少陰心経(てのしょういんしんけい、中国語 手少陰心經 shǒu shaoyíng xinjīng:The heart Meridian of Hand-ShaoyinもしくはShoushaoyin Xinjingxue)とは経に属する手を流れる陰経の経絡である。心臓小腸は共に中国の五行(木、火、土、金、水)でいうと火(君火)に属するため密接な関係を持つ。流注によると心はもとより心包と共に神に通じ、ここが病むと精神活動に影響すると言われている。また心は血脈をつかさどるため、胸の痛みなど心臓疾患はもちろん血液疾患にも使われる。心経の募穴巨闕穴任脈)。

国際表記はHTまたはHと表記する。

流注(経絡の流れの道筋)[編集]

心中に起こり、心系に属し、横隔膜を下って小腸を絡う。その支なるものは心系より上行して咽を挟み目につながる。

直行するものは、心系より却って肺に上り、下って腋下に出て上腕内側を下り、肘の内側(少海穴)に出て、前腕内側を通って手関節内側の豆状骨上際(神門穴)を経て、小指の末端橈側に終わり、手の太陽小腸経に連なる。

手の少陰心経に所属する経穴の一覧[編集]

以下に出てくる寸、分などの尺は骨度法同身寸法参照。

HT1.极泉(きょくせん)[編集]

取穴部位:腋窩の中央、腋窩動脈拍動部
知覚神経:肋間神経外側皮枝、内側上腕皮神経
血管:腋窩動脈

HT2.青靈(せいれい)[編集]

取穴部位:少海穴から極泉穴に向かい上3寸、上腕を外転外旋して取る。尺骨神経幹が走る。上腕動脈が通る。
禁鍼穴
筋肉:上腕三頭筋
運動神経:橈骨神経
知覚神経:内側上腕皮神経
血管:上腕動脈

HT3.少海(しょうかい)[編集]

取穴部位:肘を半ば屈曲し、肘窩横紋の内端で、上腕骨内側上顆から橈側へ入ること5分
要穴:合水穴
筋肉:円回内筋橈側手根屈筋
運動神経:正中神経
知覚神経:内側上腕皮神経
血管:尺側反回動脈尺側側副動脈

HT4.靈道(れいどう)[編集]

取穴部位:前腕前尺側にあり、神門穴の上1寸5分、尺側手根屈筋腱の橈側、霊道穴から神門穴まで尺骨神経幹が走り、尺骨動脈が通る。
要穴:経金穴
筋肉:尺側手根屈筋
運動神経:尺骨神経
知覚神経:内側上腕皮神経
血管:尺骨動脈

HT5.通里(つうり)[編集]

取穴部位:前腕前尺側にあり、神門穴の上1寸、尺側手根屈筋腱の橈側
要穴:絡穴
筋肉:尺側手根屈筋
運動神経:尺骨神経
知覚神経:内側上腕皮神経
血管:尺骨動脈

HT6.陰郄(いんげき)[編集]

取穴部位:前腕前尺側にあり、神門穴の上5分、尺側手根屈筋腱の橈側
要穴:郄穴
筋肉:尺側手根屈筋
運動神経:尺骨神経
知覚神経:内側上腕皮神経
血管:尺骨動脈

HT7.神門(しんもん)[編集]

兵法:内尺澤(うちしゃくたく)
取穴部位:手関節掌側横紋の尺側にあり、豆状骨の上際で尺側手根屈筋腱の橈側
要穴:兪土穴、原穴
筋肉:尺側手根屈筋
運動神経:尺骨神経
知覚神経:内側上腕皮神経
血管:尺骨動脈

HT8.少府(しょうふ)[編集]

取穴部位:手掌部にあり、指を屈し、薬指と小指の指尖が手掌に当たるところの中間、手掌の第4・第5中手骨間
要穴:滎火穴
筋肉:小指対立筋虫様筋
運動神経:尺骨神経
知覚神経:尺骨神経浅枝
血管:総掌側指動脈

HT9.少沖(しょうしょう)[編集]

取穴部位:小指橈側爪甲根部、爪甲の角を去ること1分
要穴:井木穴
知覚神経:尺骨神経浅枝
血管:第四背側中手動脈の枝

関連項目[編集]

外部リンク[編集]