豆状骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
骨: 豆状骨
Carpus.png
記号Dが豆状骨
Gray224.png
豆状骨
名称
日本語 豆状骨
英語 Pisiform bone
ラテン語 Os pisiforme
関連構造
上位構造 手根骨
画像
アナトモグラフィー 三次元CG
関連情報
MeSH Pisiform+Bone
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
テンプレートを表示

豆状骨(とうじょうこつ)(羅名pisiforme Os,pisiforme)とは、四肢動物の前肢を構成する短骨の一つである。

ヒトの豆状骨は、左右の手に1本ずつ存在し月状骨三角骨舟状骨とともに近位手根骨を構成している。

人間では、膝蓋骨と同じ種子骨である。

豆状骨と関節する骨[編集]

豆状骨から起始する筋肉[編集]

豆状骨に停止する筋肉[編集]

関連項目[編集]