成績係数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

成績係数(せいせきけいすう、Coefficient Of Performance、COP)または動作係数(どうさけいすう)とは、冷房機器などのエネルギー消費効率の目安として使われる係数。消費電力1 kWあたりの冷却・加熱能力を表した値である。文部科学省学術用語集』の「物理学編(増訂版)」や「建築学編(増訂版)」では「成績係数」、「船舶工学編」では「動作係数」となっている。

COPは省エネ法にも採用されているため、冷房機器の性能指標として広く一般に浸透している。冷房機器をある一定の温度条件の下で運転した場合(定格条件)の性能を評価することから定格エネルギー消費効率とも呼ばれ、定格冷房・定格暖房時の消費電力1 kWあたりの冷房・暖房能力、すなわち冷房機器の場合、

冷房COP = 冷房能力(kW)÷冷房消費電力(kW)

で表される。

また理想的な場合次のような性質が成り立つ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]