悲劇オセロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
悲劇オセロー
Otello
監督 マリオ・カゼリニ
ガストン・ヴェーレ
原作 ウィリアム・シェイクスピア
オセロ
ジュゼッペ・ヴェルディオテロ
製作 チネス
出演者 ウバルド・マリア・デル・コーレ
マリア・カゼリニ・ガスペリニ
マリオ・カゼリニ
フェルナンダ・ネグリ・プジェ
撮影 フィロテオ・アルベリーニ
配給 イタリア王国の旗 チネス
日本の旗 横田商会
公開 イタリア王国の旗 1906年10月30日
日本の旗 1908年2月14日
製作国 イタリア王国の旗 イタリア
言語 イタリア語
テンプレートを表示

悲劇オセロー』(ひげきオセロー、イタリア語: Otello)は、1906年製作・公開、チネス製作・配給による、イタリア短篇サイレント映画である。

略歴・概要[編集]

当時のチネス社の社章。

本作は、1887年初演のジュゼッペ・ヴェルディのオペラ『オテロ』、ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『オセロ』の両方を原作としている。

マリオ・カゼリニが監督し、イアーゴー役で出演もしており、妻のマリア・カゼリニ・ガスペリニに対立する役柄を演じている。本作は、イタリアでは1906年10月30日に公開されており、これは『オセロ』の最初の映画化であるとされる[1]

日本では、フランスイギリスと同時期である1908年(明治41年)2月14日、京都の映画商社横田商会の配給により、『悲劇オセロー』のタイトルで、東京・神田の映画専門館錦輝館において公開された[2]アメリカ合衆国では、同年同月29日に公開されている[1]

本作の上映用プリントの現存・非現存については不明である[1]

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

関連項目[編集]

[編集]

外部リンク[編集]