廉売

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

廉売(れんばい)とはものを通常より安く売ることである。

概要[編集]

商業では、供給対象を得るための必須手段であるが、利益を得るにはコストを下げる必要がある。以下にあげる4種が代表的な手段である。

  1. 正規の流通ルートから仕入れ、経費を抑える。または、製造元から直接買い付ける。
  2. 正規でないルートから仕入れ、破格の値段で売る。
  3. メーカー卸売、専門店の見切り品在庫(売れ残り)を買う。
  4. 販売場所の維持費を下げるために、倉庫同然の店舗を使い、会員にのみ販売する。

前者2つはディスカウントショップ、3つ目はオフプライスストアアウトレット、4つ目はホールセールクラブで用いられる。

参考資料[編集]

  • 新世紀ビジュアル大辞典(小学館

関連項目[編集]