尿酸排泄促進薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

尿酸排泄促進薬(にょうさん・はいせつ・そくしんやく)とは、血中の尿酸濃度低下を目的として投与される薬物の一群のこと。高尿酸血症の治療薬のひとつで、特に痛風の予防薬として用いられる。

薬理[編集]

尿酸トランスポーター分子として、URAT1は血管内皮などにも発現しているが、腎臓近位尿細管で多く発現し、尿酸の再吸収を行う。再吸収された尿酸はヒトの血清尿酸値の約80%を占める。尿酸排泄促進薬はURAT1による再吸収を阻害し、血中の尿酸を減少させる。

副作用[編集]

尿中の尿酸濃度が上昇するため、尿路結石症(尿酸結石)を誘発する可能性がある。

薬物の一覧[編集]

高尿酸血症治療薬[編集]

以下は日本の厚生労働省により認可されている治療薬である。

尿酸排泄促進作用を持つ他の疾患の治療薬[編集]