尺八曲一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

尺八曲の一覧尺八を用いた曲で、本曲、あるいは尺八が主な楽器として使用されている曲の一覧。

本曲[編集]

尺八のみで演奏される。主に一管(独奏)、あるいは、二管(掛け合い、あるいは二重奏)、まれにそれ以上の重奏で演奏される。

古典本曲[編集]

普化宗で伝えられたもの、明暗流とよばれるものなど。

  • 呼び竹受け竹
  • 雲井獅子 (博多一朝軒所傳)
  • 虚鈴
  • 虚空
  • 霧海篪(むかいじ)
  • 瀧落
  • 三谷

琴古流本曲[編集]

  • 巣鶴鈴慕(そうかくれいぼ)
  • 鹿の遠音 (琴古流本曲) ※琴古流本曲唯一の尺八二重奏
  • 一二三鉢返 (琴古流本曲)
  • 三谷菅垣 (琴古流本曲)
  • 調子(琴古流本曲)
  • 些志(琴古流本曲)
  • 恋慕流し(琴古流本曲)
  • 吾妻の曲(琴古流本曲)
  • 大和調子(琴古流本曲)
  • 阿字観(琴古流本曲)
  • 九州鈴慕(琴古流本曲)
  • 虚空(琴古流本曲)
  • 根笹派調子(琴古流本曲)
  • 神保山谷(琴古流本曲)
  • 松風(琴古流本曲)
  • 下がり葉(琴古流本曲)
  • 如意(琴古流本曲)
  • 虚鈴(琴古流本曲)

都山流本曲[編集]

  • 木枯
  • 峰の月
  • 寒月
  • 岩清水
  • 慷月調(こうげつちょう)

外曲[編集]

尺八以外の楽器との合奏曲

地歌箏曲[編集]

江戸期に作曲された、三味線との合奏曲である地歌箏曲には尺八による手(伴奏)が付けられている。三曲合奏においてもと胡弓で演奏されていたパートを、後に尺八で演奏するようになった。

  • 八千代獅子 - 地歌の獅子ものに分類される曲だが、もとは尺八の曲といわれている。

新邦楽[編集]

明治期から昭和30年くらいまでの曲。

現代邦楽[編集]

現代邦楽のムーブメントとともに興った、西洋音楽の文法をとりいれた邦楽。

クラシック音楽[編集]

クラシック音楽現代音楽で尺八がつかわれた曲

外部リンク[編集]