少女世界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『少女世界』創刊号の表紙

少女世界』(しょうじょせかい)は、1906年明治39年)に博文館が創刊した少女雑誌である[1]。1895年(明治28年)に創刊された『少年世界』の姉妹誌で、編集兼発行人は巖谷季雄(巌谷小波)が務めた。

第1期[編集]

最盛期には15万部から20万部近い発行部数で、創刊の1906年から10年間は最も売れた少女雑誌だったが、その後、『少女倶楽部』がこれを超え、最高部数は1937年(昭和12年)1月号の49万1,675部に達してしまう。他誌がピークを迎える前、1931年(昭和6年)12月号で最終号を迎えた。『少女世界』への投稿者の団体は「たかね会」で、森田たまが所属していた。

文学作品[編集]

  • 川端康成 - 『薔薇の幽霊』(昭和2年10月号、1927年)
  • 尾崎翠 - 『空気草履』『露の珠』(1924年)、『頸飾をたずねて』(1925年)
  • 与謝野晶子 - 『金魚のお使』(1907年)、『巴里の子供』(1913年)
  • 巌谷小波
  • 北川千代 - 『絹糸の草履』(1928年)
  • 尾島菊子 - 『母の家』(1913年)、『鶯の疵』(1914年)

第2期[編集]

少女世界』(しょうじょせかい)は、かつて存在した日本の少女雑誌である[2]

1948年(昭和23年)11月、同年11月号を創刊号として、富国出版社が創刊、のちに編集・発行が少女世界社に移る。1953年(昭和28年)7月、同年7月号を最終号として、5年に満たない第2期を終えた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 少女世界 (博文館)国立国会図書館、2012年10月4日閲覧。
  2. ^ 少女世界 (富国出版社)、国立国会図書館、2012年10月4日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]