小さな赤い花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小さな赤い花
タイトル表記
繁体字 看上去很美
簡体字 看上去很美
ピン音 Kàn shàng qù hén měi
英題 Little Red Flowers
各種情報
監督 張元(チャン・ユアン)
脚本 寧岱(ニン・ダイ)
張元
原作 王朔(ワン・シュオ)
『看上去很美』
製作 張元
マルコ・ミューラー
製作総指揮 王朔(ワン・シュオ)
侯勝君(ホウ・シェンギウン)
出演者 董博文(ドゥン・ボウェン)
音楽 カルロ・クリヴェッリ
撮影 楊涛(ヤン・タオ)
編集 ヤーコポ・クアドリ
美術 霍廷霄(フォ・ティンシャオ)
配給 日本の旗 アルシネテラン
公開 日本の旗 2008年8月23日
上映時間 92分
製作国 中華人民共和国の旗 中国
イタリアの旗 イタリア
言語 北京語
テンプレートを表示

小さな赤い花』(ちいさなあかいはな、原題: 看上去很美英語題: Little Red Flowers)は、王朔(ワン・シュオ)の半自伝的小説『看上去很美(英語題:Could be beautiful)』を原作とする2006年中国イタリア合作映画。2006年2月15日に第56回ベルリン国際映画祭で初上映され[1]、国際芸術映画評論連盟賞(CICAE賞)を受賞している[2]

ストーリー[編集]

北京にある全寮制の幼稚園に入園した4歳の少年チアンの姿を通し、中国の過剰な画一的教育政策の矛盾を描く。

キャスト[編集]

  • 方槍槍(ファン・チアンチアン):董博文(ドゥン・ボウェン)
  • 南燕(ナン・イエン):寧元元(ニン・ユアンユアン)
  • 北燕(ベイ・イエン):陳嫚媛(チン・マンヤン)
  • 李老子(リー先生):趙瑞(シャオ・ルイ)
  • 唐老子(タン先生):李暁楓(リ・シャオフェン)

参考文献[編集]

  1. ^ Kan shang qu hen mei (2006) - Release dates” (英語). IMDb. 2013年5月9日閲覧。
  2. ^ Kan shang qu hen mei (2006) - Awards” (英語). IMDb. 2013年5月9日閲覧。

外部リンク[編集]