孟特穆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

孟特穆(モンティムール、満州語:ᡩᡠᡩᡠ ᠮᡝᠨᡨᡝᠮᡠ,dudu mentemu)またの名を猛哥帖木耳、孟哥帖木兒 という。清朝(愛新覚羅氏)の遠い祖先とされる伝説上の人物。清朝では「肇祖」「原皇帝」と追号されている。

概略[編集]

清朝の所伝によると都督・孟特穆(dudu mentemu)と称し、乱を避けて鄂多里城から亡命した樊察(凡察)の子孫ということになっている。知略にとみ、祖先の仇討ちのために旧敵の子孫40数名を鄂多里の西方1500里の赫圖阿拉(奉天省興京老城)に誘い、半分を殺し半分は人質とした。さらに捕らえられていた同族の釈放を要求して、部族を率いて旧領を回復し赫圖阿拉に居住するようになったという。

これらの伝説のもとになったのは明朝や朝鮮の記録に見える女真族の孟哥帖木兒と推測される。移蘭豆漫(ilan tumen)の一部である斡朶里(鄂多里)の城主であり、洪武24年(1391年)頃に斡木河(現在の会寧市)に入り、永楽4年(1406年)頃に建州左衛指揮に任命された。朝鮮の記録では彼の一族は「童氏」として知られ、清朝の記録では「佟氏」である。

朝鮮の記録は『満州実録』などの記載と矛盾し、例えば孟特穆の祖先であるはずの凡察は実の弟で、孟特穆が敵に殺された時に危うく逃げ延びたと伝える。漢学者の中島竦は、斡朶里の女真人は朝鮮に当時の記録が残され、そうした記録がない満州人の伝より信頼が置けると考えた[1]

参考文献[編集]

  • 中島辣『清朝史談』(1918年、善隣書院)
  • 『対校清太祖実録』(1974年、国書刊行会)
  • 稲葉岩吉『清朝全史』(1914年、早稲田大学出版部)
  • 鴛淵一「明代女直の兀良哈三衛」(1938年、平凡社『世界歴史大系』より)

脚注[編集]

  1. ^ 中島竦 『清朝史談』 善隣書院、1918年、P.46-52。