女たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
女たち
ローリング・ストーンズスタジオ・アルバム
リリース 1978年6月9日
録音 1977年10月10日 - 12月21日
1978年1月5日 - 3月2日
ジャンル ロック
時間 40分45秒
レーベル Rolling Stones
イギリスの旗EMI(オリジナル盤)
CBS UKVirginPolydor(リイシュー盤)
アメリカ合衆国の旗Atlantic(オリジナル盤)
Columbia→Virgin→Interscope(リイシュー盤)
日本の旗東芝EMI(オリジナル盤)
CBS/SONY→Sony RecordsEMIJ/Virgin→Universal Int'l(リイシュー盤)
プロデュース グリマー・ツインズ
専門評論家によるレビュー
  • All Music Guide 5 out of 5 stars link
ローリング・ストーンズ 年表
ラヴ・ユー・ライヴ
1977年
女たち
1978年
エモーショナル・レスキュー
1980年
テンプレートを表示

女たち』 (Some Girls) は、1978年にリリースされた、ローリング・ストーンズのアルバム。パンク・ロックディスコ・ミュージックブームの70年代後半にストーンズを再評価させ、重要なロックンロール・バンドとしてその地位を確立させることとなったアルバムと言える。このアルバムの収録曲は、後に全てライブで一度以上取り上げられている。このようなアルバムは、『スティッキー・フィンガーズ』『ブラック・アンド・ブルー』『レット・イット・ブリード』とこのアルバムだけである。

1970年代パンク・ムーブメントの中、ストーンズを初めとする旧世代のミュージシャン達は新ジャンルのミュージシャンたちに標的にされてきた。パンク・ロッカー達はストーンズを旧世代の代表として攻撃し、ミック・ジャガーはその挑戦に刺激づけられ、彼らへの解答としての作品をリリースする決意を抱いていた。

バンドにとって深刻な問題は、1977年2月のトロントで起きたキース・リチャーズ麻薬所持問題と、ヘロイン中毒であった。キースは裁判の結果刑務所に収監される可能性があったが、幸運にも一年間の執行猶予とチャリティ・ショーの実施が判決として、1978年10月23日に下された。チャリティ・ショーはキースのバンド、ニュー・バーバリアンズとストーンズのジョイントコンサートとして、1979年4月22日にトロントのオシャワ・シヴィック・オーディトリアムで行われた。

『女たち』のセッションは1977年10月に始まり、クリスマス休暇の後1978年1月から3月まで行われた。EMIとの新たな契約の元、パリのEMI、パテ・マルコーニ・スタジオで録音が行われ、その後数年に渡ってストーンズは同スタジオでの録音を行った。同スタジオでは50曲にも及ぶ曲が録音され、その幾つかは続く『エモーショナル・レスキュー』『刺青の男』に収録された。

本作には、イアン・マクレガンピアノメル・コリンズサックス、シュガー・ブルーがハーモニカ、サイモン・カークがパーカッションで参加し、メンバーのみでほとんどレコーディングされた、ゲスト・ミュージシャンの起用が最少のアルバムとなった。また、ミックがギターを多く演奏し、準メンバーとも言えるイアン・スチュアートがほとんど参加しないアルバムとなった。

『女たち』のアート・ワークは、ピーター・コリストンが担当した。パーマのカタログの顔部分が切り抜かれたカバーの中に、ストーンズのメンバー、及び各界の有名人の写真が印刷されたスリーブが納められたが、写真を用いられたルシル・ボールラクエル・ウェルチが法的手段に訴えるとし、セカンドプレスからはメンバー以外の写真が消されることとなった。また、「サム・ガールズ」の歌詞の一節(「Black Girls Just Wanna Fucks All Night(黒人女は一晩中ファックしたがる、という意味)」)が人種差別的内容だとして、ジェシー・ジャクソンを含む様々な団体からの抗議を受けた。

1978年5月にアルバムからの第1弾シングル「ミス・ユー」がリリースされ、アメリカでは1位、イギリスでは3位を記録した。「ミス・ユー」はストーンズ初の12インチリミックスとしてアルバム・ヴァージョンとは異なった形でリリースされた。『女たち』は6月にリリースされると好評の内に迎えられ、アメリカで1位、イギリスで2位を記録する。評論家たちからも絶賛され、「彼らの本来のスタイルへの回帰」「1972年の『メイン・ストリートのならず者』以来のベスト作品」と評された。「ビースト・オブ・バーデン」「リスペクタブル」「シャタード」が続くシングルとして発表され、いずれもヒットを記録した。「シャタード」のB面にはアルバム未収録曲「Everything is Turning to Gold」(後に、編集盤『サッキング・イン・ザ・'70s』に収録)が配された。

1994年にヴァージン・レコードによって、2009年にはユニヴァーサル・ミュージック・グループから更なるリマスター盤が発売された。2011年には、2009年版のリマスター盤に未発表曲を加えたデラックス・エディション、スーパーデラックス・エディションが発売された。

『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』に於いて、270位にランクイン[1]

曲目[編集]

特筆無い限りジャガーリチャード作詞作曲。

Side one
# タイトル 時間
1. ミス・ユー - Miss You」   4:48
2. 「ホエン・ジ・ウィップ・カムズ・ダウン - When the Whip Comes Down」   4:20
3. ジャスト・マイ・イマジネーション - Just My Imagination (Running Away with Me)(Norman Whitfield/Barrett Strong) 4:38
4. 「サム・ガールズ - Some Girls」   4:36
5. 「ライズ - Lies」   3:11
Side two
# タイトル 時間
6. 「ファー・アウェイ・アイズ - Far Away Eyes」   4:24
7. 「リスペクタブル - Respectable」   3:06
8. 「ビフォー・ゼイ・メイク・ミー・ラン - Before They Make Me Run」   3:25
9. 「ビースト・オブ・バーデン - Beast of Burden」   4:25
10. 「シャタード - Shattered」   3:48
  • オリジナルの北米版8トラックテープには Far Away EyesShattered のエディット・ヴァージョンが収録された。

2011年リイシュー盤・ボーナストラック[編集]

2011 Reissue of unreleased tracks
# タイトル 時間
1. 「クロディーヌ - Claudine」   3:42
2. 「ソー・ヤング - So Young」   3:18
3. 「ドゥー・ユー・シンク・アイ・リアリー・ケア - Do You Think I Really Care?」   4:22
4. 「ホエン・ユーアー・ゴーン - When You’re Gone(Ronnie Wood) 3:51
5. 「ノー・スペア・パーツ - No Spare Parts」   4:30
6. 「ドント・ビー・ア・ストレンジャー - Don’t Be a Stranger」   4:06
7. 「ウィ・ハド・イット・オール - We Had It All(Troy Seals/Donnie Fritts) 2:54
8. 「タラハシー・ラッシー - Tallahassee Lassie(Bob Crewe/Frank C. Slay Jr./Frederick A. Picariello) 2:37
9. 「アイ・ラヴ・ユー・トゥー・マッチ - I Love You Too Much」   3:10
10. 「キープ・アップ・ブルース - Keep Up Blues」   4:20
11. 「ユー・ウィン・アゲイン - You Win Again(Hank Williams) 3:00
12. 「ペトロール・ブルース - Petrol Blues」   1:35
13. 「ソー・ヤング(ピアノ・ヴァージョン) - So Young (日本盤のみ)」    

北米ツアー[編集]

本作リリースに合わせ北米ツアーが行われた。ツアーはアルバムリリースの翌日、1978年6月10日のフロリダ州レイクランド、シビック・センター公演から始まり、ミックの誕生日、7月26日のオークランド・コロシアム公演で終了した。本作からは、「サム・ガールズ」「ビフォー・ゼイ・メイク・ミー・ラン」以外の曲がすべて演奏された。このツアーでは幾つかの小さな会場で、時には匿名でコンサートが行われ、このスタイルは、以降の彼らのツアーで踏襲されることとなった。

脚注[編集]

  1. ^ 500 Greatest Albums of All Time: The Rolling Stones, 'Some Girls' | Rolling Stone