大腿筋膜張筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
大腿筋膜張筋
分類
所在分類: 骨格筋
支配神経: 上殿神経
部位
体肢筋
下肢の筋
下肢帯筋
外寛骨筋
殿筋
ラテン名
Musculus tensor fasciae latae
英名
Tensor fasciae latae muscle

大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん、tensor fasciae latae muscle)は人間腸骨筋肉股関節の屈曲、膝関節の伸展を行う。

上前腸骨棘から起こり、大転子の下方で脛骨外側顆に付着する腸脛靭帯で終わる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]