多重起動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

多重起動(たじゅうきどう)とは日本のコンピュータゲームオンラインゲーム)用語であり、一部プログラムの改変または、メモリエリアなどの変更によって、本来1つしか起動できないアプリケーション(主にオンラインゲーム)を2つ以上起動させる改造行為である。海外ではマルチクライアント(Multi-Client)と呼ばれることもある。

日本では一般には改造ツールなどを使用して、データを改変する行為がチートとして知られる。

基本的にはオンラインゲームの規約に違反する行為となっているが、運営公認の多重起動ツールなども存在する。

多重起動ツールの種類[編集]

チートツールやデバッガと呼ばれるプログラムによって、対象アプリケーション(オンラインゲームなど)の解析を行うことで、多重起動が可能となる。一般的に下記のツールを使って多重起動されている。

ollydbg
高機能なフリーのデバッガである。
ゴーストリプレイ
初心者でも使えるように多重起動やマクロウォールハックといった様々なチートができるツール。無料アップデートなどにより、ゲーム側がアップデートした場合でも継続して使用できるなどといったサポートも行っている。
うさみみハリケーン
日本語で作成されたデバッガツールだが、オンラインゲームではほぼ対応されている状態になっているため、基本的には使用不可となっているツール。

参考文献[編集]

Digital Travesia管理人 うさぴょん、2007年、『デバッガによるx86プログラム解析入門』、秀和システム ISBN 978-4-7980-1705-1

関連項目[編集]