国防担当閣外大臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国防担当閣外大臣 (Ministers of Defence) は、英国の国防と安全保障の調整を担った職である。1940年設置、1964年廃止。同職は閣僚級の職であり、一般に3軍各省の大臣の上級職とされたが、一部の3軍大臣は閣内にあり続けた。

歴史[編集]

第二次世界大戦勃発に先立ち、英国軍の兵力不足が懸念された。この結果、1936年スタンリー・ボールドウィン首相によって国防調整担当大臣 (Minister for Coordination of Defence) の職が設置された。同職は、ボールドウィンの後任のネヴィル・チェンバレンによって1940年4月に廃止された。

1940年5月に首相に任命されたウィンストン・チャーチルは、国防担当閣外大臣職を新設して自ら大臣に就任した。同職は、第二次世界大戦の遂行を担当する大臣が1人もいないとの批判に対応するために設置された。1946年、同職は軍を代表する唯一の閣僚級の役職となり、3軍の大臣(戦争大臣海軍大臣及び空軍大臣)は正式に国防担当閣外大臣に従属することになった。

1964年、統合された国防省が創設され、3軍の各省は廃止された。これに伴い、国防大臣(Secretary of State for Defence、通俗的には国防相Defence Secretary)が新設された。

歴代大臣(1940年 - 1964年)[編集]

氏名 肖像 就任 退任 政党 首相
ウィンストン・チャーチル Churchill1944.png 1940年5月10日 1945年7月27日 保守党
(連立政権)
ウィンストン・チャーチル
クレメント・アトリー Attlee BW cropped.jpg 1945年7月27日 1946年12月20日 労働党 クレメント・アトリー
A・V・アレグザンダー INF3-62 A V Alexander Artist's signature E A B.jpg 1946年12月20日 1950年2月28日 Labour Co-op
エマニュエル・シンウェル Manny Shinwell 1.jpg 1950年2月28日 1951年10月26日 労働党
ウィンストン・チャーチル Churchill portrait NYP 45063.jpg 1951年10月28日 1952年3月1日 保守党 ウィンストン・チャーチル
ハロルド・アレグザンダー HarolAlexanderD 026065.jpg 1952年3月1日 1954年10月18日 無所属
ハロルド・マクミラン The National Archives UK - CO 1069-1-5.jpg 1954年10月18日 1955年4月7日 保守党
セルウィン・ロイド Selwyn Lloyd cropped.jpg 1955年4月7日 1955年12月20日 保守党 アンソニー・イーデン
ウォルター・モンクトン Walter Monckton cropped.png 1955年12月20日 1956年10月18日 保守党
アントニー・ヘッド 1956年10月18日 1957年1月9日 保守党
ダンカン・サンディーズ 1957年1月13日 1959年10月14日 保守党 ハロルド・マクミラン
ハロルド・ワトキンソン 1959年10月14日 1962年7月13日 保守党
ピーター・ソーニークロフト Peter Thorneycroft cropped.png 1962年7月13日 1964年4月1日 保守党
アレック・ダグラス=ヒューム

国防担当閣外大臣職は1964年に廃止され、替わって国防大臣 (Secretary of State for Defence) 職が新設された。


関連項目[編集]