同期検波

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

同期検波 (どうきけんぱ)(coherent detection,synchronous detection)は、振幅変調デジタル変調復調する方法の一つである。送信機変調するのに使った搬送波位相が同期した搬送波を受信機側で何らかの方法で作りだし、この搬送波を使って検波する。


振幅変調受信機の同期検波[編集]

原理[編集]

受信機において、送信機で変調するのに使った搬送波と同じ周波数位相を持つ搬送波とその搬送波の位相をπ/2ずらした波の二つ(これらを「基準搬送波」と呼ぶ)を用意する。この基準搬送波に受信した信号をそれぞれ乗算し、低域通過回路(LPF)で高調波成分を除去し、信号を抽出する。

メリット[編集]

一般的な包絡線検波の受信機と比較して、USB、LSBの一方を選択して復調することができるため、混信に強い。

放送の搬送波に対し、周波数だけでなく位相までそろった信号を受信機内で生成し、受信した信号との積を作るとUSB+LSBの音声信号が得られる。搬送波と位相が90度異なる信号を用いれば、USB-LSBの音声信号が得られる。この二つの和差をとれば、USB、LSBが得られる(その際、USB-LSB側は位相が回っているので、再度位相をシフトする)。目的の放送より高い周波数の電波の混信ならUSB、低い周波数の電波の混信ならLSBが影響をうける側波帯なので、逆側の側波帯を聞けば混信の影響が少ない。

なお、混信除去だけが目的なら、単純にフィルタを使ってUSBかLSBを選択するような構成の受信機でも良い。ただ、工業的に考えた場合、大きくて高価なフィルタは現実的ではないので、実際にはそのようなアプローチはされない。

また、BFOを用いたプロダクト検波の代わりに、SSBを聴取するためにも用いることができる。その場合の同期操作は、人間の聴覚を介しておこなわれるので、完全には同期しない。

デジタル変調受信機の同期検波[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]