南山海上観音聖像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南山海上観音聖像
HainanSanya2.jpg

南山海上観音聖像Guan Yin of the South Sea of Sanya 南山海上观音圣像)は、中華人民共和国海南島南岸、三亜市の南山寺付近にある、観音菩薩像である[1][2]。 像には正面が3つある。一つは島の方を、残り2つは南シナ海を向いており、これにより観音の中国と世界全体に対する天恵と加護を表現している。ある一面では観音菩薩が左手で経典を抱え、右手で印相を結んでいる。もう一面では手のひらを交差させ、数珠を持っている。そしてもう一面ではハスを持っている。像の高さは108メートルで、全体の高さは135メートルである。この像は世界で4番目に高い像であり、世界で最も高い観音像でもある。

建設には6年かかり、2005年4月24日に安置された。安置には台湾、香港、マカオ、中国本土の各宗派から高僧108人が、そして巡礼者が1万人参加した。小乗仏教と密教の代表も参加した[3][4]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Nanshan Culture Tourism District
  2. ^ Nanshan – Sanya 南山三亚市
  3. ^ Xiao, Feng (2005-04-16 05:51), “Giant Buddhist Statue Enshrined in Hainan”, China Daily, http://www.chinadaily.com.cn/english/doc/2005-04/16/content_434745.htm 
  4. ^ “Holy statue of Guanyin Buddha unveiled”, Xinhua English, (2005-04-24 04:38:56), http://english.sina.com/china/1/2005/0424/28898.html 

外部リンク[編集]

座標: 北緯18度17分35秒 東経109度12分30秒 / 北緯18.2930度 東経109.2083度 / 18.2930; 109.2083