千屋断層

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

千屋断層(せんやだんそう)は、秋田県美郷町(旧千畑町)にある断層(逆断層)。仙北平野の東側、奥羽山脈の麓に南北に走る断層で、横手盆地東縁断層帯の一角をなす。1896年(明治29年)8月31日に発生した陸羽地震で一部が地表に露頭した。現在露頭部分は風化が進みほとんど目にすることができなくなった。1984年(昭和59年)3月10日秋田県の天然記念物に、1995年(平成7年)2月14日国の天然記念物に指定された。

陸羽地震では、断層の東側が350cm上昇した。また、奥羽山脈をはさんだ岩手県側にも川舟断層(西側が200cm上昇)が出現した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯39度27分48.42秒 東経140度36分6.88秒 / 北緯39.4634500度 東経140.6019111度 / 39.4634500; 140.6019111