加賀千代女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
千代女像
朝顔や つるべ取られて もらい水(歌川国芳画)

加賀千代女(かが の ちよじょ、1703年元禄16年) - 1775年10月2日安永4年9月8日))は、俳人は草風、法名は素園。千代千代尼などとも呼ばれる。

朝顔を多く歌っていることから、出身地の松任市(現・白山市)では、市民への推奨花の一つに朝顔を選んでいる[要出典]白山市中町の聖興寺に、遺品などを納めた遺芳館がある。

生涯[編集]

加賀国松任(今の白山市)で、表具師福増屋六兵衛の娘として生まれた。一般庶民にもかかわらず、幼い頃から俳諧をたしなんでいたという。

12歳の頃、岸弥左衛門の弟子となる。

17歳の頃、諸国行脚をしていた各務支考が地元に来ていると聞き、宿に赴き弟子にさせてくださいと頼むと、「さらば一句せよ」と、ホトトギスを題にした俳句を詠むよう求められる。千代女は俳句を夜通し言い続け、「ほととぎす郭公(ほととぎす)とて明にけり」という句で遂に支考に才能を認められる。その事から名を一気に全国に広めることになった。

結婚したか否かについては説がわかれている[1]。結婚説では1720年(享保5年)、18歳のとき金沢の福岡某(一説に金沢大衆免大組足軽福岡弥八)に嫁ぐが、20歳の時、夫に死別し松任の実家に帰ったとする。結婚に際して、「しぶかろかしらねど柿の初ちぎり」という句を残したという伝もあるが、しかし「しぶかろか」の句は千代女の句集になく、結婚経験があるかどうかも確証はない[2]

30歳の時、京都で中川乙由にあう。画を五十嵐浚明に学んだ。52歳には剃髪し、素園と号した。72歳の時、与謝蕪村の『玉藻集』の序文を書く。1775年(安永4年)、73歳で没。辞世の句は、「月も見て我はこの世をかしく哉」。1,700余の句を残したといわれている。

誤説[編集]

  • 「起きてみつ寝てみつ蚊帳の広さかな」が千代女の句として広く流布しているが、実は千代女の作ではなく、彼女以前に元禄時代の浮橋という遊女が詠んだ句である。
  • 一茶が引用した「蜻蛉釣り今日は何処まで行ったやら」の句も、生涯1,700余りの句の中になく伝説と見られる。

句集[編集]

  • 「四季帖」
  • 「千代尼句集」
  • 「松の声」

代表的な句[編集]

  • 朝顔に つるべ取られて もらい水(35歳の時に、朝顔や~ と詠み直される)
  • 月も見て 我はこの世を かしく哉

脚注[編集]

  1. ^ 外部リンク「千代女の里俳句館」、千代女の時代>千代女の年譜
  2. ^ 坪内稔典「柿の木問答」『図書』岩波書店、2011年2月号、37-39頁。

参考文献[編集]

  • 近世畸人伝

関連項目[編集]

外部リンク[編集]