劉豹 (匈奴)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

劉 豹(りゅう ひょう、生没年不詳)は、中国後漢末期から西晋時代の南匈奴左賢王。南匈奴の単于於夫羅の子、前趙劉淵劉欽の父。匈奴出身者が漢化した後に劉姓を名乗るのは劉豹からであるが、これは前漢代より匈奴と漢宗室との間に姻戚関係があることに由来する。

生涯[編集]

南匈奴で叛乱が起こったことで於夫羅が漢に留まり、196年に漢地で死ぬと、於夫羅の弟呼廚泉が単于の位を継ぎ、劉豹は左賢王となる。後、曹操によって五部に分けられた匈奴の左部を統括する。

195年董卓の残党による叛乱に際して、蔡文姫を得て側室とする。207年に曹操により身代金が支払われ、蔡文姫が引き取られるまでの間に2子をもうけるが、名は伝わっていない。

嫡子とされる前趙の祖・劉淵は、生年が251年頃であり、であるとすれば相当な長命である。

脚注[編集]


参考資料[編集]

  • 晋書』 載記第一 劉元海