全利卿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
韓国の旗 韓国
女子ショートトラック
オリンピック
1998 長野 1000m
1998 長野 3000mリレー
1994 リレハンメル 1000m
1994 リレハンメル 3000mリレー
1998 長野 500m
世界ショートトラックスピードスケート選手権
1998 Vienna 3000m
1997 Nagano 個人総合
1997 Nagano 1500m
1997 Nagano 3000m
1996 The Hague 個人総合
1996 The Hague 1500m
1995 Gjøvik 個人総合
1995 Gjøvik 1500m
1995 Gjøvik 3000m
1997 Seoul チーム
1996 Lake Placid チーム
1995 Zoetermeer チーム
1992 Nobeyama チーム
1998 Vienna 個人総合
1998 Vienna 1000m
1998 Vienna 3000mリレー
1997 Nagano 3000mリレー
1996 The Hague 1000m
1996 The Hague 3000m
1995 Gjovik 1000m
1995 Gjovik 3000mリレー
1993 Beijing 個人総合
1993 Beijing 1500 m
1993 Beijing 3000m
1998 Bormio チーム
1994 Cambridge チーム
1997 Nagano 1000m
1994 Guildford 3000mリレー
1993 Beijing 3000mリレー

全利卿(チョン・イギョン、朝鮮語: 전이경ラテン翻字: Chun Lee-Kyung1976年1月6日 - )は大韓民国忠清北道沃川郡出身の元ショートトラックスピードスケート選手。 1990年代に国際大会で活躍し、冬季オリンピックで通算4つの金メダルを獲得した。

プロフィール[編集]

1992年のアルベールビルオリンピックに16歳で出場するも準々決勝で敗退。同年に野辺山で開催された世界ショートトラックスピードスケート選手権大会チーム選手権で金メダルを獲得した[1]。 1993年の世界選手権で銀メダル3個、銅メダル1個を獲得して韓国チームのエースとなると1994年のリレハンメルオリンピックでは個人1000mと3000mリレーで金メダルを獲得した。

その後世界選手権で1995年、1996年、1997年に個人総合3連覇するなど金メダルを量産、 1998年の長野オリンピックでは中国の楊揚楊陽ら強豪を抑えて個人1000mと3000mリレーの2冠、オリンピックショートトラック史上初の2大会連続2冠を達成した。 このシーズン限りで現役を引退した。

2006年にアイスホッケーを始め、2007年の冬季アジア大会代表に選ばれた[2] が、負傷のため出場は成らなかった。

出典[編集]