先体反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウニの細胞における先体反応

先体反応(せんたいはんのう、英:acrosome reaction)とは精子の先体が透明帯に接近した時に起こる反応。に精子が接近した時、先体を包む膜は精子の原形質膜(plasma membrane)と融合し、卵と融合できる状態となる。

種差[編集]

先体反応は形態、重要性に夥しい種差がある。いくつかの種では卵を包む層が先体反応の引き金であることが確認されている。

無脊椎動物[編集]

いくつかの無脊椎動物では精子頭部頂点の突起(先体突起)はアクチンミクロフィラメントの核に支持されている。ヒトデウニを含む棘皮動物では放出された先体内容物の主要成分は卵表面に精子を一時的に保持するタンパク質である。

哺乳類[編集]

哺乳類の先体反応はヒアルロニダーゼアクロシンを放出するが受精における役割については明らかにされていない。It also alters a patch of pre-existing sperm plasma membrane so that it can fuse with the egg plasma membrane.


関連項目[編集]

  • ZP3
  • Cortical reaction

外部リンク[編集]